常に本気

oliverの日常を常に本気に記すブログ

「ぱちぱち」というサービスをリリースしました!

技術書典5に出す本の中で、作成していたアプリケーションである「ぱちぱち」をリリースしましたので記事にします。

相手に気軽に おめでとう や ありがとう の意味を込めて「ぱちぱち」を送れるサービス - ぱちぱち

f:id:oliver0521:20180930083944p:plain

どんなサービス?

相手に「ぱちぱち」を送れる だけ のサービスです。「ぱちぱち」を送ることで相手に感謝の意を送れるともに通知を飛ばします。

下の画像のように相手に「ぱちぱち」を送ると

f:id:oliver0521:20180930084013p:plain

通知が飛ぶ!!

f:id:oliver0521:20180930084029p:plain

Safari以外なら許可すればある程度通知飛びます!

どうしてこのサービスを作ったのか

皆さんは「Yo」というアプリを覚えていますか?「Yo」はただ相手に「Yo」と送るだけのアプリなのですが、自分にとってはかなり衝撃的なアプリでした。 何が衝撃的かというと、ここまでやっていることがシンプルなのに、世界中の人たちはメチャクチャ利用しているという点です。しかも実際に使ってみるとハマるという。

しかし、この「Yo」は意外とコミュニケーション能力が求められ、あまり日本人受けはしなかったと聞いています。

なので、今回この「Yo」というアプリを元に、 PWA という技術を用い、しかも「ぱちぱち」という日本人に馴染みのある拍手を相手に送ることで、楽しんでもらいたいという思いがあり、このサービスを作りました。

こだわり

とにかく簡単に相手に「ぱちぱち」を送れること。 また、 Push通知 により、すぐに「ぱちぱち」に気づける。操作性も気にかけて作りました。

通知に関しては、ワンボタンでオフにすることができ、ストレスなく、使用してもらえるように心がけています。

f:id:oliver0521:20180930084330p:plain

デザイン能力皆無な私でも私なりに頑張って0からデザインし、チュートリアルもしっかりと用意してます。

f:id:oliver0521:20180930084350p:plain

終わりに

Webからでも通知が送れたり、オフラインでもアプリが開けたりなどとても進化してきているので、是非それらを「ぱちぱち」で体感してみてください!

フィードバックも随時お待ちしています🙏

twitter.com

セキュリティキャンプ2018に参加してきました!

8/14~8/18の期間中に参加していたセキュリティキャンプ全国大会についての感想をブログに残そうと思います。

セキュリティキャンプについて

簡単に説明すると、全国の22歳以下の学生がIT業界の最先端の人々から凄い講義を5日間受けられるというものです。
私は存在自体は去年から知っていたのですが、応募したのは今年が初めてで、というか今年がラストチャンスだったので申し込んでみました。 全ての講義が無料で、交通費はもちろん、食費や宿泊費もキャンプにかかわるものがすべて無料で、一人暮らしをしている私からしたらとても神イベントなわけです。
そして私はトラックB【開発と運用トラック】に参加できることとなり、5日間を通じてたくさんの経験をしました。

当日まで

全プログラム内容は以下のページに書かれています。 www.ipa.go.jp

私は選択コースでしたので、3日目以降はBトラック以外の講義も受講でき、抽選で受講できる講義が決まるというものでした。
そして全7講義のうち、事前課題がそれぞれ出されており、この事前課題こそがセキュリティキャンプにおいてとても重要で、いかにスタートダッシュを切れるかがかかっています。
なので今までWeb開発をメインで行ってきた私はこの事前課題で、ある程度足りていない知識を補うためにしっかりと学習してきました。
特に【E6 デジタル・フォレンジックス手法による情報漏えい事案調査 】の法律に関する事前課題はとても自分自身いい経験となりましたし、普段経験できるような事ではない内容で、それをプロの人からフィードバックを得られるという大変貴重な経験でした。

セキュリティキャンプは5日間と書かれていますがそんなことはなく、キャンプが始まる前、そして終わった後もキャンプなのだと感じました(いいことを言ったつもり

私は新宿近辺に住んでいるので、12時集合は余裕...ではなく荷造りがなかなか終わらず夜更かししてしまい、起きたのは朝10時半でかなりギリギリでした。。。(余裕を持った行動が大事ですね...

そして無事キャンプ地に到着し、ここからとてつもなく早い時間で5日間が過ぎていくことになります。

1日目

初日は全体講義で3つの講義をみんなで受講するというものでした。
そして夜にはLT大会が行われ、自分も発表させていただきました。

また夜は、持ってきていたFire TV Stickでアニメを見てました。

2日目

  • 1講義目「クラウドホスティングサービスのセキュリティと運用技術の研究」
    この講義は実際にサービスを運用している自分からするととても興味のあった講義で、その期待をはるかに上回るインプットが得られました。
    大規模なサービスの実際のデータを用いて得られた検証結果などを見て、唯々驚くばかりであり、興味がとても増しました。
    資料も400枚を超えており、後日ゆっくりと見返してみようと思っています。

  • 2講義目「ビヨンドブロックチェーン
    私はブロックチェーンに関していまいち知識がなかったのですが、この講義によってブロックチェーンとは何か、本質を学ぶことができました。
    また手を動かして実際に体験することによって、ブロックチェーンの成し遂げたいことや課題などが見えてきて、とても良かったです。

  • 3講義目「Vulsとエクスプロイト演習で学ぶ、既知の脆弱性管理の重要性と効率的な対策方法」
    Vulsというソフトウェアは存在は知っていたのですが、今回の講義で初めてその威力を体感する良いきっかけとなりました。
    実際にGitの脆弱性を用いて、演習なども行い、実際に手を動かしてVulsの良さを体感できました。
    また、OSSについてのとてもエモいお話も聞けて、貢献してみようという気持ちが強くなりました。

3日目

夜は事前課題をひたすらやっていました(もちろんアニメを見ながら

4日目

  • 6講義目「デジタル・フォレンジックス手法による情報漏えい事案調査」
    この講義は今回受けた全講義の中でもかなり印象深いものであり、事前課題を含めてとても良い経験となりました。
    内容としてはそこまで低いレイヤーの内容ではなかったのですが、「デジタル・フォレンジックス」や「法律」など、あまり身近ではない経験ができ大満足でした。
    リーダーを務めさせていただいたとともに、無事犯人を特定できたので、チームの皆さんにはとても感謝しており、とても楽しかったに尽きます。ありがとうございました。

  • 7講義目「攻防型CTFによるWebオンラインゲームのチート行為の体験」
    CTFの経験が全くなかった私が、今回のセキュリティキャンプで初めてCTFを経験し、事前課題からとても楽しめた講義でした。
    当日は少しトラブルに見舞われてしまいましたが、とても楽しい講義でした。
    実際の対決は個人で1位を取ることができたのもうれしかったです。

4日目の夜はたくさんの戦利品とともにシュタインズ・ゲート ゼロとか見てました。
後、腰が死にました。

5日目

5日目は成果発表がメインでした。
特に集中講義は今回関わることが少なかったので、とても魅力的な発表ばかりでした。
そして閉会式へと向かい...とても短く感じた5日間もこれで終わりだと思うと、とても胸にこみあげてくるものがありました。

あと、姉妹校の後輩がセキュリティキャンプに参加していたので一緒に写真を撮ったりしました。

まとめ

想像以上にあっという間な5日間で、想像以上に得られたことは大きく、想像以上に若い力に元気付けられました。
この経験を生かして自分自身の研鑽にもっと励もうと思います。
この度は関わってくださった皆さんありがとうございました。最高のキャンプでした。またどこかで会いましょう。

居酒屋ハッカソン2018に参加してました

f:id:oliver0521:20180618202709j:plain

詳細はこちら

yorohack.connpass.com

togetter.com

7人チームで結果は特別賞。賞品はビール50杯でした。1時間くらいでみんなで使い切りました笑

f:id:oliver0521:20180618202848j:plain

作った物の一部はこちら

f:id:oliver0521:20180618202930j:plain f:id:oliver0521:20180618202941p:plain

プレゼンの様子

f:id:oliver0521:20180618203852j:plain

概要としては、バクハイを頼むための専用ボタンとLINEアプリとWEBアプリ。

全国でどのくらいバクハイが飲まれているかがすぐにわかる、そんな素敵なアプリを作りました。

他のチームとか

f:id:oliver0521:20180618204019j:plain

f:id:oliver0521:20180618204029j:plain

f:id:oliver0521:20180618204040j:plain

f:id:oliver0521:20180618204051j:plain

居酒屋ハッカソンで出た食事群の一部

f:id:oliver0521:20180618203542j:plain

f:id:oliver0521:20180618203552j:plain

f:id:oliver0521:20180618203605j:plain

f:id:oliver0521:20180618203456j:plain

f:id:oliver0521:20180618203507j:plain

f:id:oliver0521:20180618203519j:plain

f:id:oliver0521:20180618203531j:plain

1時間くらいで亡くなった50杯

f:id:oliver0521:20180618203812j:plain

所感

久々にハッカソンに出たので腕が鈍ってないか心配だったけれど、戦えてたと思います。

何よりチームに恵まれました。とても楽しい2日間だったです。

運営の方々はありがとうございました。またよろしくお願いします。

f:id:oliver0521:20180618204257j:plain

Sphotzというサービスをリリースしました!

f:id:oliver0521:20180506154619p:plain

 

以前、カミングスーンサイトを公開していた「Sphotz」をついに先日リリースしましたので、報告させていただきます。

 

リリースしたサービス

Sphotz - 写真・フォトスポット共有サービス

sphotz.jp

 

TOP画面

f:id:oliver0521:20180506160704p:plain

 

ログイン画面

f:id:oliver0521:20180506160625p:plain

 

Sphotzとは?

写真とフォトスポットを同時に投稿してもらい、写真が好きな人やカメラが好きな人がもっと幸せになれるサービスを作りました。

機能としては、

  • 写真・フォトスポット投稿機能
  • 写真の情報や位置情報を確認できる機能投稿をお気に入りし、あとで確認できる機能
  • ユーザーをフォローし、タイムラインに表示する機能
  • タイトル・タグ・場所から検索できる機能などがあります。

 

なぜこのサービスを作ったのか

私は学校でITのことを学び始めて2018年現在4年目となりますが、私の通っている学校には様々な学部があり(CG学部など)、そこで友人に勧められてカメラが趣味になりました。

そこで友人と一緒に撮影をしに行く機会があるのですが、Webなどで良い写真を見つけた時に「俺らもこれ撮りにいきたくね?」となります。

しかし、Webに上がっている画像は中々位置を特定することが難しく、撮影地を探すのにいつも苦労していました。

そういった自分たちの辛さがあったからこそ、こういったサービスを作ろうと思い立ったのが発端です。

 

こだわり

この理由があるため、「Sphotz」では一目で「どこで撮影されたか」と、「どんな画像が撮れるのか」をわかるように、こだわっています。

 

f:id:oliver0521:20180506160540p:plain

 

Sphotzの今後

まずはリリース後、ユーザーの動向をみていこうと思っています。その上で皆さんにたくさん使ってもらって、たくさん意見が欲しいです。「こういう機能が欲しい〜」だとか、「ここはこの方がいいよ〜」だとか。

 

特に投稿詳細画面はまだまだ色々できると思っています。様々な意見をお待ちしております!

f:id:oliver0521:20180506160115p:plain

 

それに加えて、やりたい事はたくさんあります。

学生という時間を使ってできる限りの改善はしていこうと思っています。

 

あと、たくさん宣伝していきます。

 

最後に

私がプログラミングを始めたのは学校に入ってからで、ちょうど3年が過ぎました。

学生のうちに一発大きいサービスを作りたいと思っており、それが今回実現できたことがとても良かったです。

学生でサービスをリリースする事は想像以上に難しいことではないと今回感じました。様々な問題は出てくると思いますが、学生だからこそサービスをもっとリリースしていける世の中になれば良いと思っています。私も頑張ります。

 

それでは是非みなさんも「Sphotz」にアクセスして使ってみてください。

sphotz.jp

 

関連するサイト

qiita.com

 

twitter.com

www.instagram.com

 

https://www.facebook.com/sphotz

 

sphotzという写真共有サービスを近々リリースします

f:id:oliver0521:20180502031740p:plain

sphotzとは

ここ数ヶ月、「sphotz」というサービスをずっと作っています。

そのサービスが近日リリース予定で、カミングスーンサイトはすでに公開されています。

 

comingsoon.sphotz.jp

 

sphotz」は「photo」と「spot」を組み合わせた名前であり、その名の通り写真とスポットを共有するサービスです。

 

もともと私の趣味が一眼レフでの風景撮影や星の撮影でしたので、色々な場所に写真を撮りに行っていたのですが、写真仲間とWEB上のすごい綺麗な写真を見て、「自分たちもこの写真を撮りに行こう!」と思っても中々場所を突き止めるのが難しいのが現状でした。

 

そういった「不満」を解消するためにこのサービスは生まれました。

つまり、「sphotz」は位置情報と写真を一緒に投稿してもらうサービスです。

 

f:id:oliver0521:20180502032921p:plain

※画像は開発画面の一部です

 

このように写真と位置情報を同時にあげてもらうことが文化になれば、カメラが趣味な人や写真が趣味な人が「もっと幸せ」になると思っていますし、そうなって欲しいと私は願っています。

リリースした際は是非みなさん使ってみてください。

 

開発について

構成やデザインは先輩、それ以外の全ては私が行いました。

実際に開発に着手し始めたのは去年の12月からです。

学校に通いながら少しづつ、少しづつ進めていき完成に至ることができました。

さすがにフロントエンド、バックエンド、インフラ全て私がやってきたのは中々辛い面はあったのですが、かなり成長できたと思っています。

 

私はデザイン面は中々センスがなく困っていたのですが、そこは先輩と良いタッグを組めたと思っています。

f:id:oliver0521:20180502033510p:plain

※画像は開発画面の一部です

 

使用した技術などは今後Qiitaの方で記事を書いて行こうと思っています。

 

最後に

「sphotz」リリース間近です!リリースした際は是非みなさんにも使ってもらい、フィードバックをいただきたいです!

 

それではリリースまでしばしお待ちを。

 

写真スポット探しに新たな旋風を。

photo spot near you.

音ゲーのスコアマネージャ作った

IIDX スコアマネージャ(Saya

f:id:oliver0521:20171222021614j:plain

 

エンジニアと音ゲーには成長という面で通ずるものがあると考えている自分。

そんなわけで、音ゲーのスコアマネージャ作りました。

とても簡単に使用できると思うので、IIDXをやっていて、プレミアムコースの方は是非お試しあれ。

詳しい説明はQiitaに記事をあげておきました。

 

sayaiidx.com

qiita.com

github.com

HAL Advent Calendar 2017に参加してます

最近Advent Calendarというものを友人に紹介してもらって、自分の学校のカレンダーがQiitaにあったので、参加させていただきました。

 

内容は情報処理試験をメインに書いています。

自分自身が1年生と2年生の時にどのようなことをしてきたのかを振り返る良い機会となりました。

このインプットのおかげで今の自分があると考えています。今後ともこの姿勢を忘れずに頑張って行こうと思います。

 

同じ専門学生で情報処理試験を受ける人は是非参考にしてみてください。

 

記事一覧

qiita.com

qiita.com

qiita.com

qiita.com